Aug15th

プレイヤーキャラクター紹介

Top / AR2E-BG01pr

異彩の街ボトルガード プレイヤーキャラクター紹介

GM:キャラクター紹介いきましょうか!PC番号じゃなくて出来てる人から順々にいきましょう。
はやくリプレイが読みたいという人は読み飛ばして本編へどうぞ。第一話オープニングへ

■まっつん→ ハーヴェスト のキャラクター紹介

pc3-card.png

まっつん→ハーヴェスト:はい。え~とキャラクター名はハーヴェスト。ハーフネヴァーフの23歳男です。身長は高め180台くらい。白い髪で褐色の肌、瞳は左は青、右が緑でスティグマが浮かび上がっている。
うな:あ、左右で瞳の色違うんだ。
GM:スティグマを目に入れたんだねぇ。好きだねぇ。
ハーヴェスト:ライフパスは出自が闇の一族、境遇は秘密で何かすごい秘密があるようです。目的は友情!
うな:目的が友情なんだ!?面白いな。
alpha2:なんかミスマッチでいいね。
GM:ライフパスの前の二つが大分重い感じだけど、実は友情のために戦っているっていい役どころかもしれないね。
ハーヴェスト:確かにっ!!
alpha2:えっと、白髪って見た目以上に老けているってこと?
ハーヴェスト:老けているというか、まぁ色々と経験したんでしょう、少々老成している感じです。
うな:闇だもんな。
alpha2:そうだな、闇だもんな。
ハーヴェスト:な、なんなの二人して!!一同笑)
alpha2:事あるごとに、闇だもんなって言ってオチになりそう。
うな:闇なら仕方ないなぁ(笑)。
ハーヴェスト:う~、それでマスケット銃で戦うシーフ/レンジャーです!!
GM:大体、そんな感じかな?細かいゲームデータはシートを見てもらって……。
ハーヴェスト:そうだね。そ・れ・で……。(おもむろにスマフォ画面を覗く)
GM:あぁ、いつものあれ?
ハーヴェスト:えっ、あっ……ごめん忘れちゃって……え~っと……。

*ここからまっつんのセルフオープニングが始まります。

暗い、暗い、部屋の中。
月……ってなんで皆笑ってるのっ!!

うな:それさ、身振り必要あるの?
ハーヴェスト:えっ、あ、ごめん。なんか身振りしないと思い出せなくて。
GM:では、仕切りなおしてTake2!

*ここからまっつんのセルフオープニングが始まります。Take2

暗い、暗い、部屋の中。
月明かりだけが、その一角を照らしていたぁ……あ~もうだめだぁ!!

GM:アンチョコだそうか?
ハーヴェスト:あ、嘘あるの?(一同笑)
GM:あぁ、事前設定の時のやつだよね。探せばあるけど…。
ハーヴェスト:ごめん、今日プリントアウトしてくるの忘れててさ~。
GM:ちょっと待ってくれる?
alpha2:Nowlodingって感じだな。
ハーヴェスト:しばらく、おまちください。
GM:あ~、ちょっとファイル探すから時間かかるかも。
ハーヴェスト:んじゃ、思い出しながら……。

*ここからまっつんのセルフオープニングが始まります。Take3

暗い、暗い、部屋の中。
月明かりだけが、その一角を照らしていた。
その光の中に一人の女性……って、あぁなんだか久しぶりだからはずかしいな。

うな:そんな恥ずかしがらずにやっていいよ。
GM:そうだよ、まっつんがキャラ紹介でGMを完全に振り切って、セルフオープニングをするのはこの卓の恒例行事じゃないか!
ハーヴェスト:な、何言ってんのっ!!分けわかんないよ恒例って!!
GM:いやいや、毎回楽しみにしている観客(卓参加者)がいるんですよっ!!
ハーヴェスト:そんなっ!ハードルあがってるぅっ!!

*ここからまっつんのセルフオープニングが始まります。Take4

暗い、暗い、部屋の中。
月明かりだけが、その一角を照らしていた。
その光の中に一人の女性の影が浮かぶ。
影は言う。
「私はもう、この部屋からでることはできません……」
その声は憂いをおびていた。
「私の代わりに世界を見てきてくれま……

うな:っていうかもうキャラ紹介の範疇は超えたな。
ハーヴェスト:いいじゃんっ、もうっ!!
GM:はい。見つけたよアンチョコ!
ハーヴェスト:あぁ、ありがとう!!んじゃ、今度こそ本番!!

*ここからまっつんのセルフオープニングが始まります。Take5

暗い、とても暗い場所。
唯一の照明は小さな窓から差す月の明かりだけだった。
「見てくださいこの鳥かごのような部屋うぉ……(噛んだ)。

一同:うぅお、うぅーお、うぅーおっ!(某格闘ゲームの敗北声っぽく)
ハーヴェスト:うるせぇっ!!(笑)聞いて~っ!!

*ここからまっつんのセルフオープニングが始まります。Take6

暗い、とても暗い場所。
唯一の照明は小さな窓から差す月の明かりだけだった。
「見てくださいこの鳥かごのような部屋を
まるで囚われているかのような私の代わりに世界を見てきてくれませんか?」
      
冷たい夜風に小鳥が鳴くような綺麗な声がどこか悲しく響く。
「分かりました。ほかでもない貴女の頼みだ引き受けましょう」
暗がりからもう一人、声からして男性だろうか?
鷹揚な仕草で跪く。
「あなたの目と耳とならんことを誓いましょう」

GM:というオープニングでした。一部まっつんの妄想なんで、色々と補正します。
うな:うん、良いセッションだった。
一同:お疲れ様でした(お約束)。
ハーヴェスト:えぇぇっ!ちょっと待ってっ!!
GM:まぁ、それじゃぁ次の人に紹介してもらおうか。
うな:じゃぁ次は私のキャラ紹介します。

■うな→ ノール のキャラクター紹介

pc1-card.png

うな→ノール:本名はフェアノール・ダスティン。
alpha2:ダスティン?
ノール:そう、ダスティン。なんか神官ぽい姓をと思って。
ハーヴェスト:ノール・ダスティン?
ノール:フェアノール・ダスティン。ただし愛称はノールなので、ノールって呼んで欲しい。
GM:ノールちゃんだね。
ノール:はい、ヒューリンの少女、14歳です。ウォーリアーでサポートはモンクです。
alpha2:神官の影も形も無い。
ノール:いや、初期はアコライトでクラスチェンジしてモンクになっているので、扱いとしては神官戦士をしています。
alpha2:なるほどね。
ノール:出来るのは打撃武器による単体火力。あと特徴としては、白兵攻撃の距離を伸ばしたり、敵を吹き飛ばせるスキルを持っているので、エンゲージ操作をしつつ戦う感じかな。
GM:敵の位置を変えられるのは面白い能力だねぇ。
ハーヴェスト:ストレスも吹き飛ばして……。
ノール:ゲーム中のストレス?それはハーヴェストだろ(笑)。
alpha2:敵じゃなくて、ハーヴェストが飛ぶのか。
ノール:や~、話だとalpha2が、私と正反対なキャラらしいから殴り飛ばそうかと。
alpha2:えっ、こっちかよ!?(一同笑)
ノール:えっと、身長は156cmで自分のキャラクターとしては珍しく、桃色の髪の毛をしている。
alpha2:へぇっ!!確かに珍しい。
ハーヴェスト:桃色かぁっ!!
ノール:ライフパス出自は神官、親が神官をしていてその娘ということで神殿へ。ただ境遇が平凡、ノールとしてはあまりにも平凡な日常を過ごしてきたので、刺激にあこがれて冒険者になった。目的は正義で神殿の堅苦しい正義ではなく自分らしい正義を貫こうと思っている。
alpha2:うん、PC1主役臭がするんだよね。
ハーヴェスト:まったくです!!
ノール:あんまり神官ぽくないので、まわりからはへっぽこ神官だと思われています。回復魔法とか使えないので!成績一覧とかあったら下の方にいます。
ハーヴェスト:へっぽこ。
ノール:本人は気にしていませんが、親としては頭痛の種でしょう。えっと、設定で親は偉い方なので、「この娘は~」って叱られてます。
GM:親はアエマ系の神官でかなり偉いです。それと、ノールの後見人にアエマ大神官が着いているので、へっぽこでも神官やっている感じですね。
ノール:はーい。信仰はアエマじゃなくて、戦いの神グランアインですけどね。ということでお願いします。
一同:はーい。

■alpha2→ イルミナル のキャラクター紹介

pc2-card.png

alpha2→イル:名前はイルミナル(略 イル)、17歳、性別男です。
ノール:17歳か、年上だ。
イル:ティーンエイジャーって久しぶりな気がします。最近、イロモノ作ってましたし。三味線持ったおっさんとか。(以前のセッションの話)
GM:んふふふ、あれはあれでオイシイんだけどねぇ。
イル:身長は166cm、髪茶色、瞳は青。無愛想で必要以上にはしゃべらない感じの少年。
GM:クール系男子か。
イル:やれることは、魔法攻撃と回復と防御魔法と一通りだね。
ハーヴェスト:すごい!?
ノール:本当に万能選手だなぁ。
GM:このパーティーの安心力を全て担っている感じだね。
イル:えっと、ちょっと事前設定と変わったんですが、≪ハーフブラッド≫でエルダナーンの≪トリビアリスト≫をとりました。
GM:あぁ、変えたんだ。へぇ。。
イル:えっと、母親がヒューリンの神官で、父親がエルダナーンの魔術師です。父方の祖父に魔術の手ほどきを受けて……というか習ってしまって。
ノール:習ってしまったって嫌々?
イル:ん、ちょっと魔法を使うときに独特なことをするので(笑)。
GM:それは本番でのお楽しみだね。
イル:聖堂学校時代から成績は優秀で、神殿に入ってからも一目置かれるような神官です。そのため上からの覚えもめでたく、優秀な神官と見られているようです。
GM:はい。
ノール:私とは本当に正反対なキャラだなぁ。
イル:というところかなぁ。ただし、目的は復讐なのではてさてというところです。
GM:うん。(ここは事前相談済み)
イル:まぁ、キャラ紹介ってこんなものだよね?
GM:ですね~(笑)。ではキャラクター紹介はこんなところで〆ましょう。
一同:はーい。
GM:では、セッションに入りますが、街の各施設や登場NPCはお手元の資料を参照しつつ進めていきましょう。
イル:お手元(笑)。

■セッション前に今回の舞台となる街についての説明

GM:今回はエリンディル大陸のパリス同盟が舞台になります。
イル:よく、公式リプレイやシナリオに出るところだね。
GM:そうですね。ただし今回は、パリス同盟に所属するオリジナルの街が舞台となります。
ハーヴェスト:へぇ。
GM:パリス平原の半ほどにある異彩の街”ボトルガード”が舞台です。皆さんはこの街で生活しています。

→街の説明は各項目を参照のこと


第一話オープニングへ